士業資格獲得について

士業資格免除制度について

士業の国家資格の特徴

士業のほとんどが国家資格です。当然、難関といわれている試験そのものは有名ですが、そもそも受験資格を満たしているかどうかを確認する必要があります。学歴や職歴のほかに年齢や他の資格が必要なものもあります。逆に、ある資格を持っていると協会に申し入れさえすれば得られる資格があるというものもありますし、ある資格や学歴、職歴があれば科目試験を免除される場合もあります。また、長い年数をかけて1科目ずつ合格を積み重ねていき合計科目数になれば士業の資格を得られるというものがあるので何年もかけて試験を合格し、資格を得ることもあるのです。

国家資格の取得を考えるならば

士業の国家資格は独立して開業が出来るメリットがあります。しかし、試験そのものは非常に難関なものであります。弁護士を例にすれば法科大学校を終了後5年以内に合格しなければ受験資格も無くなるという事になり、一生を棒に振ることになります。そこで、国家資格に挑戦する方には、正攻法で勉強をすることも大切ですが、ずるく言えば抜け道が無いかを考えていただきたいと思います。試験免除制度を利用できないかを考えるのです。あなたが士業の資格に挑戦するのは、取得するためであるのです。関連の公務員には、免状があります税理士には学位を取得することにより・国税従事者には免除制度がありますので、上手に利用することです。