士業は人脈が大事

士業参加の交流会について

士業には交流会が欠かせません

士業とは、独立して自分が有する専門知識を生かして独立開業するものです。その為どうしても孤独になりがちで、現在のやり方が正しいのか迷うことがあります。交流会には、勉強の場であり、懇親の場でもあります。孤独になりがちで、一人で開業していると独善的になりがちですが、そういった勉強会、或いは懇親会を通して、事故の誤りを正してくれます。交流会には、同一業種の集まる場もあれば、色々な業種の集まる異業種の方が集まる場もあります。士業の方には色々な勉強会に出席をされることにより、思わぬ人脈につながるかもしれません。但し、人脈作りは副産物であって、自分が有している知識を惜しみなく与え、相手から知識を吸収することが大切です。

異業種交流会への参加

弁護士・税理士・司法書士・行政書士などの士業関係者にとって、異業種の交流会に参加することは、とても重要な意味があります。例えば、司法書士に会社設立手続きの業務依頼が入ったとします。会社の登記は司法書士の業務となっていますが、税務関係の業務は税理士、許認可関係の業務は行政書士の業務となっていますので、司法書士は行うことが出来ません。それをカバーするために、司法書士の側から交流のある税理士や行政書士に該当業務を依頼すると、ワンストップサービスによって顧客の利便性が増すだけでなく、各事務所の売り上げ向上にも大いに貢献します。このような士業ネットワークを構築するためにも、異業種交流会には積極的に参加するとよいです。